November 16, 2019

JFA第43回全日本U-12サッカー大会滋賀県大会 2019.11.16

JFA第43回全日本U-12サッカー大会滋賀県大会
【野洲川歴史公園サッカー場ビッグレイク】
× 1-4 リブラ五個荘FC
《1回戦敗退》

null
スポ少生活最後の県大会です。4年生の井原杯で輝かしいベスト4から2年、あの舞台にもう一度立ちたいと努力を重ねましたが、5年生木下杯でまさかのブロック予選敗退。6年生となりようやく掴んだスポ少選手権県大会では、ど緊張して1点も取れずに初戦で敗退。県大会に出ること、県大会で勝つことの難しさを感じてきました。
最後の県大会は心地よい緊張感の中始まりました。前半コーナーキックから見事に先制。キラッキラの笑顔が輝きました。そのままの勢いで終始押し気味に試合を進めて前半を終了します。これはいけるぞ!とハーフタイムを迎えました。
null

null
後半流れは一転します。同点に追いつかれ、その直後に立て続けにゴールを奪われました。直後に加点されたという動揺を立て直すだけのメンタルはなく、逆に完全に相手を乗せてしまい、負けパターンにはまってしまい空回りをして試合終了。やんちゃないつもの力を発揮することはできませんでした。やはり今回も県大会で1つ勝つ厳しさを感じました。

下級生、卒団生、コーチなどなど本当にたくさんの人が応援に駆けつけてくれましたが、その思いに応えることができず、あっという間に最後の県大会を終えることになりました。また骨折をして出場が叶わなかった守備の要ハルトやヒロムを全国大会に出場させてあげたい気持ちで頑張りましたが、叶いませんでした。さらには俊足DFのハルヒもこの試合で手を骨折してしまいチームの骨折負傷者はなんとこれで3人!ケガに泣かされた大会となり、準備万端で挑む大会とはならなかったことが悔やまれます。
これにて6年生は一区切りとなりました。3月に迎える卒団まで小学校でサッカーを終える子も、さらにサッカーを続けていく子も、サッカーを始めた初心にかえって、13人でカップ戦など招待いただいた試合や、日々の練習でサッカーを楽しみたいと思います。

リブラ五個荘FCさん、対戦ありがとうございました。
たくさんの応援ありがとうございました。

null

null

null

Posted by HP担当 at 02:31 PM | from category: 6年生
Comments
コメントはまだありません




プレビュー
Trackbacks
Trackback URL