January 13, 2019

U-11 TM 2019.1.13

U-11 TM【仰木の里東小学校G】
× 1-5 里東FC-A
◯5-0 和邇FC
◯4-0 里東FC-B
× 0-5 桂川JSC(京都)

冬の澄んだ空気が心地よいお天気の中、里東さんからお誘いいただき、11人でTMに参加しました。人やポジションを常に変えながら縦のスペースを意識したパス供給から崩していくことをテーマに、Hコーチの指導のもと1日がんばりました。正月を挟んだこともあり、基本的に動きが重く、走り負ける失点が多かった試合でした。対戦した他チームが県大会を控える中、長い冬を過ごす今津とのモチベーションの差がはっきり示された試合でした。
チームとして明確で具体的な目標を持ち、意識を高めてサッカーに向き合うことがこの冬は大切です。またそのために個人の「止める、蹴る」そして「走りきる」この基本的なスキルをコツコツ磨く地道な努力ができるかどうかだと思います。実際にコーチからの冬休みの課題をクリアできている人は一部。負けた悔しさを時の流れで忘れてしまったら、負けたことが活きるどころか、春までに大きな差を開けられることは目に見えていますね。
試合に勝ちたい!という基本的な思いがある中で、チームスローガン「全力で楽しむ」とはどういうことなのか、、、成長が必要な時期にさしかかってきました。
新年最初の対外試合、素晴らしい相手と対戦させてもらい、気づきや学びがありました。選手、スタッフ、サポーターみんなが、気づきを活かせるよう精進あるのみ。里東さんお世話になりありがとうございました。

null

null

null

null

Posted by HP担当 at 08:38 PM | from category: 5年生
Comments
コメントはまだありません




プレビュー
Trackbacks
Trackback URL