December 18, 2018

木下杯 湖西ブロック予選④

木下杯 湖西ブロック予選④【伊香立公園クレーG】
× 0-4 和邇SSS
◯6-0 富士見SSS
《県大会出場ならず》

3チームから1チームが勝ち抜けとなる県大会出場決定戦。
絶対に負けられないこの試合の初戦を元気なく落としてしまいました。しかしその後、和邇と富士見の試合に富士見が勝利したため、7点以上取って富士見に勝利すれば逆転での県大会出場が叶うことになりました。
僅かな可能性にかけて、キーパーも前へ出るリスク覚悟の大勝負が始まりました。
隣の芝コートでキッズプログラムに参加していた1、2、3年生も応援に加わってくれました。
null

前半攻勢で試合を進めるも0-0。ドローでも勝ち抜ける富士見さん有利の前半となり厳しい様相となりました。しかし、後半Yくんが均衡を破る鮮やかなゴールで先制すると、一気にスイッチが入りました。3分から5分間隔で1点、また1点と次々と見事にゴールが決まり、点を決めてはセンターサークルまでボールを持ってダッシュの繰り返し。泥臭く、執念深くボールに喰らいつく今津の勢いに、徐々に会場は試合待ちのチームも含めて異様なムードに。
null

20181218-D45987EC-E390-404B-BB49-CE6A2B43B139.jpeg

しかし6点を取って無念の笛。コートサイドで試合を見守っていた和邇さんが歓喜の出場決定に沸きました。
勝ち点で3チームが並びましたが、得失点差であと1点が足りず、今津の木下杯県大会出場とはなりませんでした。
悔し涙にくれるやんちゃ軍団です。試合待ちしていた石山のコーチにグッドゲームと讃えてもらい、また涙。しばらく涙が止まりませんでした。
null

しかしこの涙が成長の糧となるでしょう。最後まで諦めない素晴らしい魂のこもったプレーを見せてくれました。さぁ、結果を受け止めてまたイチから練習あるのみです。

null
祝勝会の予定が慰労会に。ヒーローインタビュー大会と褒め言葉のシャワー大会をしました。自分の考えを述べたり、仲間の良いところを讃えあいました。
喜びや悔し涙を分かち合える大切なこの仲間たちと、決意を新たに再出発です。

Posted by HP担当 at 04:57 PM | from category: 5年生
Comments
コメントはまだありません




プレビュー
Trackbacks
Trackback URL