5年生

2019.01.13

U-11 TM 2019.1.13

U-11 TM【仰木の里東小学校G】
× 1-5 里東FC-A
◯5-0 和邇FC
◯4-0 里東FC-B
× 0-5 桂川JSC(京都)

冬の澄んだ空気が心地よいお天気の中、里東さんからお誘いいただき、11人でTMに参加しました。人やポジションを常に変えながら縦のスペースを意識したパス供給から崩していくことをテーマに、Hコーチの指導のもと1日がんばりました。正月を挟んだこともあり、基本的に動きが重く、走り負ける失点が多かった試合でした。対戦した他チームが県大会を控える中、長い冬を過ごす今津とのモチベーションの差がはっきり示された試合でした。
チームとして明確で具体的な目標を持ち、意識を高めてサッカーに向き合うことがこの冬は大切です。またそのために個人の「止める、蹴る」そして「走りきる」この基本的なスキルをコツコツ磨く地道な努力ができるかどうかだと思います。実際にコーチからの冬休みの課題をクリアできている人は一部。負けた悔しさを時の流れで忘れてしまったら、負けたことが活きるどころか、春までに大きな差を開けられることは目に見えていますね。
試合に勝ちたい!という基本的な思いがある中で、チームスローガン「全力で楽しむ」とはどういうことなのか、、、成長が必要な時期にさしかかってきました。
新年最初の対外試合、素晴らしい相手と対戦させてもらい、気づきや学びがありました。選手、スタッフ、サポーターみんなが、気づきを活かせるよう精進あるのみ。里東さんお世話になりありがとうございました。

null

null

null

null

2018.12.24

和邇杯 2018.12.24

和邇杯【大津市立和邇小学校G】
1回戦 △1-1(PK7-6)仰木SSS
準決勝 △0-0(PK2-3)アルタス小浜(福井)
3位決定戦 ◯3-0 レークウエスト
【第3位】

和邇FCさんに招待いただきました。いつもありがとうございます。
気持ち新たに今日は11人で頑張りました。
公式戦の緊張感から解放されて、みんななんだかとても楽しそう。伸び伸びやんちゃ軍団の楽しそうなサッカー小僧姿に癒されました。原点は、大好きなサッカーを思いっきり楽しむこと、ですね。
さて試合の方は、昨日からの雨で足場が大変悪い状態でした。水たまりもあり思うようなプレーがなかなか出来ません。それでもよく繋ぎ、よく走り、さぁゴール!というところまでいくのですがフィニッシュが決まらない。そんなもどかしい試合は2試合連続でドロー。PK戦の経験ができました。この日はゴールキーパーKくんが大活躍。このグラウンドでのPKの相性がとっても良い彼が、今日もバッチリ仕事をして初戦を勝利、今大会のチームMVP選手に選出されました。
今回は初戦、準決勝ともにPK戦に至るまでに決着をつけるチャンスがあった試合でした。優勝トロフィーをめざしてがんばりましたが、今回は3位という結果でした。
足りなかったものを持ち帰り練習あるのみ。そして春までの数少ない貴重な試合の一戦一戦を大切に、地道な積み重ねをしていきましょう。

2018年の対外試合はこれにて終了。井原杯県4位の歓喜に始まり、木下杯県大会出場を逃した悔しい年末になりました。
これは本当の意味で「サッカーを全力で楽しむ」集団になるためのただの「やんちゃ」からの卒業が求められていることを示した結果だと思います。
心技体すべてに対して、意識の高いチームへ変貌を遂げる時、ではないかと考えます。
スポ少ラストイヤーとなる2019年は大切な仲間たちと飛躍の年にしていきたいと思います。

null

2018.12.18

木下杯 湖西ブロック予選④

木下杯 湖西ブロック予選④【伊香立公園クレーG】
× 0-4 和邇SSS
◯6-0 富士見SSS
《県大会出場ならず》

3チームから1チームが勝ち抜けとなる県大会出場決定戦。
絶対に負けられないこの試合の初戦を元気なく落としてしまいました。しかしその後、和邇と富士見の試合に富士見が勝利したため、7点以上取って富士見に勝利すれば逆転での県大会出場が叶うことになりました。
僅かな可能性にかけて、キーパーも前へ出るリスク覚悟の大勝負が始まりました。
隣の芝コートでキッズプログラムに参加していた1、2、3年生も応援に加わってくれました。
null

前半攻勢で試合を進めるも0-0。ドローでも勝ち抜ける富士見さん有利の前半となり厳しい様相となりました。しかし、後半Yくんが均衡を破る鮮やかなゴールで先制すると、一気にスイッチが入りました。3分から5分間隔で1点、また1点と次々と見事にゴールが決まり、点を決めてはセンターサークルまでボールを持ってダッシュの繰り返し。泥臭く、執念深くボールに喰らいつく今津の勢いに、徐々に会場は試合待ちのチームも含めて異様なムードに。
null

20181218-D45987EC-E390-404B-BB49-CE6A2B43B139.jpeg

しかし6点を取って無念の笛。コートサイドで試合を見守っていた和邇さんが歓喜の出場決定に沸きました。
勝ち点で3チームが並びましたが、得失点差であと1点が足りず、今津の木下杯県大会出場とはなりませんでした。
悔し涙にくれるやんちゃ軍団です。試合待ちしていた石山のコーチにグッドゲームと讃えてもらい、また涙。しばらく涙が止まりませんでした。
null

しかしこの涙が成長の糧となるでしょう。最後まで諦めない素晴らしい魂のこもったプレーを見せてくれました。さぁ、結果を受け止めてまたイチから練習あるのみです。

null
祝勝会の予定が慰労会に。ヒーローインタビュー大会と褒め言葉のシャワー大会をしました。自分の考えを述べたり、仲間の良いところを讃えあいました。
喜びや悔し涙を分かち合える大切なこの仲間たちと、決意を新たに再出発です。

2018.12.15

木下杯 湖西ブロック予選③ 2018.12.15

木下杯湖西ブロック予選③【瀬田南小学校G】
◯ 5-0 唐崎SSS
× 0-1 BSC志賀Jr.
《2位で最終決定戦へ》

この日で決めたかった県大会出場決定戦一次。
またもや決めきることができませんでした。全農杯で屈した相手。前回の敗戦からあまり進歩のない負け方となりました。慌てたり焦ったり我慢できなかったり、気持ちで完全に劣勢の試合でした。
とはいえ明日、最終決定戦に駒を進めました。2試合分、公式戦の場数が増えたと前向きに切り替えて、結果を怖れず目の前のプレーだけに集中してチャレンジできるか、がポイントとなりそうです。

null

2018.12.09

木下杯 湖西ブロック予選② 2018.12.9

第42回木下杯少年サッカー大会 湖西ブロック予選②
【仰木の里小学校G】
◯ 5-1 瀬田北SSS
△ 1-1 ヴォンゴーレ瀬田
◯ 6-0 藤尾SSS
《グループ1位通過》

先週末の暖かさから一変、今津に冷たい雪が降る寒い朝となりました。夜明け前に今津を出発です。
null
到着した大津市内に降雪はなく、厳しい寒さの中で、二次予選が始まりました。運営の仰木SSSさんお世話になりありがとうございました。
前日練習はツータッチ回しでボールをたくさん動かしテンポをあげていこう、そのためにすべきことを考え、トレーニングしてきました。結果が全ての公式戦とはいえ、コーチから示された課題に全員が向き合い、試合を通して確実にステップアップをしていきましょう。
体調不良者も数名いる中でしたが、みんなできっちりカバーし合って1位通過です。
null
来週、県大会出場をかけた大一番となります。引き続き体調管理が最大の向かうべき相手となるでしょう。心身ベストコンディションでいい試合ができますように。
決定戦から5分長い20分ハーフになります。しっかり走り切って、しっかり決めます!!!
皆様の応援、よろしくお願いいたします。

12月15日(土)木下杯県大会出場決定戦①
於:大津市立瀬田南小学校G
12:10〜 対 唐崎SSS
14:10〜 対 BSC志賀Jr.